義歯 / 入れ歯

部分的な歯の欠損や虫歯などによって隣接箇所の歯を複数本失ってしまった際に、新しく歯を入れるブリッジ義歯や入れ歯。

インプラントが注目されておりますが、状況に応じて入れ歯にした方がいいケースもございます。最善の方法をご提案いたしますので、ぜひご相談ください。
入れ歯の素材・設計について
入れ歯と言ってもその設計はさまざまです。残っている歯の状態によって比較的安定しやすい入れ歯もあれば、歯が比較的多く残っていても安定が得られにくい入れ歯になる場合もあります。また材質もレジン(樹脂)を主に使ったものや金属を基礎に用いたものなどいろいろあります。
当院では歯が数本しか残っていない場合でも咬む力と安定が得やすいコーヌスタイプの義歯や、下あごの総入れ歯でも外れにくい吸着義歯の作製も行います。
ゴールド インレー クラウン

ゴールドで作製します。金はサビる事がなく劣化のない金属です。また天然歯に近い硬さなので対合歯を痛めません。
見た目はやや劣りますが適合も良く、見えない上の奥歯などに最適です。
eMax インレー
クラウン(オールセラミック)


強化セラミック材料とも呼ばれていて、透明感があり最も自然の歯に近い色身を再現できます。唾液を吸収しないので長期的にキレイな白さを保つことができます。
歯と強固に接着するため、治した部分からむし歯になりにくいなどの利点があります。金属アレルギーの心配もありません。
エステニア インレー クラウン

ハイブリット材料とも呼ばれていて、セラミック材とレジン材を配合させた素材です。
セラミック素材と比べると強度や見た目は少し劣りますが、透明感があり自然の歯に近い色調を再現します。ただセラミック素材にはない適度な硬さのため、対合歯に負担をかけません
金属アレルギーの心配もありません。
ジルコニア インレー クラウン

人工ダイヤモンドにも使われているジルコニアをベースにした素材です。強度は金属以上でしかも歯肉との境の黒いラインが年数が経っても見えてきません。
見た目は若干透明性が少なくセラミックには劣りますが、奥歯などに適しています。
金属アレルギーの心配もありません。
メタルセラミック
クラウン(メタルボンド冠)


メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けたクラウンです。非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。
セラミックを丁寧に何層も盛り付けるため見た目が良いのが特徴です。
ノンクラスプデンチャー

樹脂の弾性を利用して装着するため、歯に固定するための金属のバネを必要としません。
歯肉の色に近い樹脂で出来ていますので、見た目がよく、部分入れ歯を装着していることにほとんど気づかれません。
ただ適用できる症例に制限があり、残存歯が少ない場合には使用できないことがあります。また修理も入れ歯をお預かりして技工所で修復するケースもあります。
コーヌスデンチャー

コーヌス義歯とは残っている歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着するというタイプです。通常の部分入れ歯のように、バネで他の歯に維持を求めるような形式ではなく、残っている歯に内冠という冠を被せ、入れ歯の内部に作られた外冠と装着時に一体化するような構造になっています。これによって、入れ歯と残っているご自身の歯が「一体化した固定装置」となりしっかりと支えることが可能となります。
金属床デンチャー

入れ歯の裏側、粘膜の上に乗せる床が、金属フレームベースとなっている総入れ歯です。金属床の入れ歯は金属フレームを使用することで強度が確保され、保険の入れ歯よりも薄く、違和感の少ないものを作製することができます。また食べ物や飲み物の温冷が伝わりやすくなり、お食事を楽しめることが期待できます。



医療法人社団歯周会 吉武歯科医院  YOSHITAKE DENTAL CLINIC