歯ぎしり・顎関節症

就寝時の歯ぎしりは、あごに負担がかかり、顎関節症を引き起こすことがあります。

口が開かない、大きな食べ物が食べられない、喉が痛む、カクカク音が鳴る、頭痛・肩こりなどの症状がありませんか。また、歯を失う一番の原因が噛みしめによるものです。
歯ぎしりを自覚されている方は、一度当院で検診してみることをおすすめします。
①歯にヒビが入る、歯の詰め物が外れやすい
②虫歯でもないのに歯が痛い
③歯周病の進行悪化
④下あごの骨がぼこぼこ大きくなる
⑤朝おきると顎が痛いこわばる
⑥歯がしみやすくなった
⑦慢性の肩こり、片頭痛
ナイトガード(マウスピース)とは睡眠時にマウスピースを装着することで、夜間無意識に行われる歯ぎしりや食いしばり、かみこみで生じる歯への負担を軽減させる治療法です。
ナイトガードはまず患者さんの歯型を取り、その歯型をもとにしてオーダーメイドで作成していきます。
市販のものも在りますが、自身の歯型にぴったりと合い辛いため効果が期待できません。





医療法人社団歯周会 吉武歯科医院  YOSHITAKE DENTAL CLINIC