インプラントとは

事故による抜歯や重度の虫歯の際に、チタン製の歯根を埋め込み従来の歯のような人工歯を埋め込む施術です。他の歯と同じような義歯を用い、見た目では全く分からないほどキレイに修正が可能です。
これまでの入れ歯やブリッジといった治療では、硬いものが噛めなかったり外れやすかったりなど難点もありましたが、インプラントは固定性でガタつきがないので、しっかり噛むことができ、埋入後もお手入れを欠かさなければ、半永久的にご利用いただけます。
インプラント後のメンテナンス

天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要です。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。
良好な口腔衛生を保つためには、定期的な検診(通常6ヶ月ごと)と、毎日のブラッシングとフロッシングが必要不可欠です。
1.施術(1回目)

歯茎を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
歯茎を閉じたら3~6ヶ月程治療期間をおき、インプラントと骨がしっかりと結合するのを待ちます。
2.施術(2回目)

歯茎を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
歯茎を閉じたら3~6ヶ月程治療期間をおき、インプラントと骨がしっかりと結合するのを待ちます。
3.歯の型取り

インプラントが落ち着いたら、被せ物を作製するために型をとります。
この間、仮歯を被せます。
4.完成

1~2週間後冠が完成したら仮歯を外し、天然歯と見分けのつかない綺麗な人工歯を取り付けます。

その後、いつまでも健康で綺麗なインプラントを保つために、お手入れの方法などを練習します。
インプラントは歯垢がたまると細菌感染を起こす心配がありますので、毎日正しい方法でブラッシングを行いましょう。また、半年~1年のペースで定期健診を行います。



医療法人社団歯周会 吉武歯科医院  YOSHITAKE DENTAL CLINIC