睡眠時無呼吸症候群 予防用マウスピース制作

睡眠時無呼吸症候群の治療方法としてマウスピース(スリープスプリント)の使用が挙げられます。装着することで、下あごを上あごよりも前方に出す形で固定することができ、これにより上気道は広く保たれるため、睡眠時無呼吸症候群の典型的症状である「いびき」や「無呼吸」の発生を予防することができます。
吉武歯科医院では、お一人おひとりの歯の形をとり、最適なマウスピースをお届けします。
スリープスプリントの効果は90%
このマウスピースの有効率は90%になると言われております。
睡眠時に下顎を少し前方へ突き出させるように工夫を施したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。マウスピースの効果で、のどの空気の通り道が広がり、いびきや無呼吸を緩和いたします。
また素材は丈夫なプラスチック加工ですので、長くお使い頂けます。

※ スリープスプリントは、医科で睡眠時無呼吸症候群と診断され歯科に依頼された場合に限り保険適用となります。
1.来院

口腔内治療を行い、近隣の睡眠障害の専門医の先生をご紹介いたします。
2.検査

紹介先の医院で精密検査を受けて頂きます。
検査データと紹介状がもらえますので、再度来院いただきマウスピースの作成を行います。
3.調整

マウスピースを2・3回調整してお渡しいたします。
※残存歯が少ない場合、反対咬含、顎関節症の症状がある場合、マウスピースが作製出来ないことがあります。


医療法人社団歯周会 吉武歯科医院  YOSHITAKE DENTAL CLINIC