歯周病対策

プラークと言われる口内の汚れ。このプラークの中に生息する歯周病菌が、歯だけでなく歯茎や顎骨などにも悪影響を及ぼします。
虫歯以上に歯を失う可能性の高い歯周病ですが、自覚症状が出づらいため、早期発見が遅れてしまいがちです。一度、痛みを伴う前にチェックをおすすめします。
このような症状は歯周病が原因かもしれません

○ 朝起きた時に、口内がねばつく
○ 歯を磨いた時に血が出る
○ 口臭が気になる
○ 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
○ 硬いものを噛むと痛む
○ 歯が長くなったような気がする
○ 歯がぐらつくようになった
○ 歯が浮いているような気がする
○ 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る


治療により、歯を失わずに済むケースがほとんどです。痛みなどが出る前に、早めに診療のご相談をお願いします。
歯周ポケットチェック

歯と歯茎の間の溝の深さを測定します。
深さ2mm以内なら「健康な歯茎」、3~5mmなら「中程度の歯周病」、6mm以上なら「重度の歯周病」と診断されます。
歯の動揺度

ピンセットで歯を揺らしてグラグラしていないか検査します。
ぐらつきが大きい場合は、歯周病によって歯槽骨(歯を支える骨)が吸収されていることが考えられます。
歯ぐきの状態

フッ素とは、小魚やわかめ、のり、魚介類などに多く含まれる歯を丈夫にする栄養素です。
歯ぐきの色や腫れ、出血の有無をチェックします。
健康な歯ぐきはきれいなピンク色で引き締まっていますが、炎症が起きると赤みを帯び、ブヨブヨしています。
顎の骨の状態

歯の動揺が大きく歯槽骨(歯を支える骨)の吸収が考えられる場合など、場合によってはX線写真などでの更に詳しい検査が必要なこともあります。
1.歯周病の検査

歯周病の進行程度を把握するために、ポケット測定(歯と歯肉の間の溝の深さ、出血)や歯の動揺度(歯を支える骨の状態)を調べます。
2.歯石除去

歯石を除去することで歯肉の腫れ、出血が改善されます。最初は見えている歯石(歯肉よりも上)を除去します。その後、歯周病の進行程度により見えない部分の歯石(歯肉の下)を除去していきます。
3.歯の研磨

口腔内の歯の研磨を行います。虫歯予防や歯周病予防や改善、歯質の強化、ステインやタバコのヤニなど歯の着色を除去し、光沢のある本来のきれいな歯を保つなどの効果があります。
4.歯周病の治療

歯周病の症状に合わせて治療を行います。
必要な場合は、抗生剤軟膏を 歯周ポケットに注入するなどの処置を行います。



医療法人社団歯周会 吉武歯科医院  YOSHITAKE DENTAL CLINIC