予防歯科 / 日々のメンテナンス

これまでの歯医者は、虫歯になってから通うイメージでしたが、昨今では予防歯科と言われる虫歯になる前に徹底して予防する事が注目されています。

歯磨きだけでは落としきれない汚れや歯石などをキレイにし、健康な歯と歯茎を維持する手助けをさせていただきます。
セルフケアを定期検診でチェック

現状は虫歯がなく、治療の必要が無くても、良好な状態を長期的に保つためにはご自身での予防が必要ですし、治療が終了した後も定期的に口腔清掃指導とクリーニングを受けることが歯やインプラントの予後に大きく影響することがこれまでの研究から明確に示されています。

日々のブラッシングが重要ですが、磨けているようで磨けていない方がほとんどです。

数ヶ月に一度の検診で、磨きそこねている部分を改善し、虫歯を事前に防ぎます。
1.ブラッシングチェック・歯周病の検査

日々のブラッシングがしっかりとできているかまずはチェックを行います。その後、歯周病の進行程度を把握するために、ポケット測定(歯と歯肉の間の溝の深さ、出血)や歯の動揺度(歯を支える骨の状態)を調べます。
2.歯石除去

歯石を除去することで歯肉の腫れ、出血が改善されます。最初は見えている歯石(歯肉よりも上)を除去します。その後、歯周病の進行程度により見えない部分の歯石(歯肉の下)を除去していきます。
3.歯の研磨

口内の歯の研磨を行います。虫歯予防や歯周病予防や改善、歯質の強化、ステインやタバコのヤニなど歯の着色を除去し、光沢のある本来のきれいな歯を保つなどの効果があります。
4.虫歯のチェック

口内をきれいなコンディションに戻して、虫歯のチェックをしっかりと行います。



医療法人社団歯周会 吉武歯科医院  YOSHITAKE DENTAL CLINIC