審美歯科


Aesthetic dentistry

審美歯科イラスト

黄ばみの無い健康的でキレイな歯を取り戻すための審美歯科。

吉武歯科医院では、専用器具により、歯や歯茎を傷めずに、歯一本一本のホワイトニングが可能です。歯の周辺環境(歯の根っこを支える骨、骨と根っこをつなぐ繊維、繊維がくっつくもう片方の根っこの表面、そして歯茎、この4つを総称して歯周組織)を整えることがまず前提になります。歯周病専門医の在籍する吉武歯科医院は、長年の経験と実績のもと歯を最も美しい状態に回復します。

審美歯科の素材について


◇メタルボンド


金属でできたクラウンに陶器(セラミックス)を焼き付けて作る、基本的な治療法です。

セラミックの強度を持たせるために、貴金属で裏打ちしたものです。セラミックスの透明感と貴金属の強度を併せ持ち、ブリッジ、連結冠の症例にも適応できます。

メタルボンド

◇ラミネートべニア


歯の表面を薄く削り、薄いセラミックのプレートを接着する治療法です。

通常2回の来院で治療が完了します。彩色も患者さん一人ひとりの天然歯の色に合わせてお作りしますので、治療後の仕上がりはとても自然です。

ラミネートべニア

◇オールセラミックスクラウン(エンプレス)


身体に優しい素材で、生体親和性が高いため体に優しく、金属アレルギーの心配が無いセラミックス素材だけで(金属を全く使用しないで)、歯本来の色調や質感を持った自然な感じに回復する治療法です。

ブリッジ

◇オールセラミックスクラウン(ジルコニアクラウン)


最も新しいオールセラミックスクラウンです。ジルコニアはジルコニウムの酸化物で、常温のセラミックの中では機械的強度と高靭性が最も高い素材です。ダイヤモンドの代用石として使われています。

メタルボンド製作に必要な金属部分がジルコニアに置き換わり、セラミックスを築製します。

セラミック

◇ハイブリッドセラミック


セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材で制作します。色調、強度ともに保険のプラスチックに比べ優れています。症例によっては金属で補強する場合があります。

セラミック