予防歯科は保険適用?


Preventive dentistry

「歯を健康に保ちたい」。予防歯科は、治療ではなく予防に重点を置いているため、費用が高くなるのではないかと不安に感じる方もいるかもしれません。ここでは、予防歯科の保険適用についてや、予防処置の内容、費用について解説します。

予防歯科とは?


歯科衛生士による歯磨き指導

ナイトガード(マウスピース)とは睡眠時にマウスピースを装着することで、夜間無意識に行われる歯ぎしりや食いしばり、かみこみで生じる歯への負担を軽減させる治療法です。

ナイトガードはまず患者さんの歯型を取り、その歯型をもとにしてオーダーメイドで作成していきます。

市販のものも在りますが、自身の歯型にぴったりと合い辛いため効果が期待できません。

予防歯科は保険適用される?


ナイトガード(マウスピース)とは睡眠時にマウスピースを装着することで、夜間無意識に行われる歯ぎしりや食いしばり、かみこみで生じる歯への負担を軽減させる治療法です。

ナイトガードはまず患者さんの歯型を取り、その歯型をもとにしてオーダーメイドで作成していきます。

市販のものも在りますが、自身の歯型にぴったりと合い辛いため効果が期待できません。

保険適用される条件とは?


ナイトガード(マウスピース)とは睡眠時にマウスピースを装着することで、夜間無意識に行われる歯ぎしりや食いしばり、かみこみで生じる歯への負担を軽減させる治療法です。

ナイトガードはまず患者さんの歯型を取り、その歯型をもとにしてオーダーメイドで作成していきます。

市販のものも在りますが、自身の歯型にぴったりと合い辛いため効果が期待できません。

かかりつけ歯科医院についての図

保険適用外の治療費はどれくらい?


ナイトガード(マウスピース)とは睡眠時にマウスピースを装着することで、夜間無意識に行われる歯ぎしりや食いしばり、かみこみで生じる歯への負担を軽減させる治療法です。

ナイトガードはまず患者さんの歯型を取り、その歯型をもとにしてオーダーメイドで作成していきます。

市販のものも在りますが、自身の歯型にぴったりと合い辛いため効果が期待できません。

予防歯科の通院頻度


理想的な通院頻度は、約3ヶ月に1回が一般的です。これは、虫歯や歯周病などの問題があったとしても、3か月の間隔であれば重症化するリスクが低く、早期に発見しやすいためです。ただし、これは一般的な目安であり、口腔内の状態や個人の症状によって変わってきます。例えば、歯周病のリスクが高い方や、自宅でのケアが難しい方は、より頻繁に通院することをおすすめすることもあります。

予防歯科で行う治療


■お口の検査 ■歯のクリーニング(PMTC) ■フッ素塗布 ■シーラントの施術 ■歯磨き指導

予防歯科を定期的にメンテナンスを行うことで、自分の歯を健康に保つだけでなく、将来的な治療コストの削減にもつながります。また、早期発見・早期治療は、治療期間や治療の大変さを減らすことにも役立ちます。どのくらいの頻度で通院するべきかは、歯科医師と相談して決めていきましょう。さいたま市岩槻区で、予防歯科なら「吉武歯科医院」にご相談下さい。